­

About quality

This author has not yet filled in any details.
So far quality has created 24 blog entries.

チョコレートとアガベの由来と現在

7月 4th, 2017|Categories: ブルーアガベ入門|

かなり前のことになりますが、日本で一時ガーナチョコレートが流行しました。 なんだかチョコレートの原産地がアフリカのような気になってしまいますが、実はチョコレートはメキシコのマヤとアステカの文明とは切っても切れない関係にあり、メキシコや中米が原産なのです。カカオの種は、風と知恵の神様であったQuetzalcoatl(羽毛のある蛇)が、人間に授けた宝物だというのが伝説になっています。

「世界の菓子 PCG」6月号

6月 2nd, 2017|Categories: メディア掲載|

パティシエたちが愛読する月刊誌「世界の菓子 PCG」6月号の“糖”の特徴を活かした商品を提案する特集で、パティシエの岩柳麻子氏が鉄平ブルーアガベシロップRAWを使用したパフェのレシピを紹介しています。

定着したブルーアガベの米国市場プレゼンス

6月 2nd, 2017|Categories: ブルーアガベ入門|

ブルーアガベシロップが米国市場に投入されてから、わずか12年程度の歴史にしか過ぎませんが、その成長の勢いには驚くべきものがあり、消費者はブルーアガベを優れた甘味料として受け入れているだけでなく、用途や好みに応じてさらにブルーアガベの中でも選択肢を求めているようです。

アガベと米国糖尿病協会

4月 18th, 2017|Categories: ブルーアガベ入門|

ブルーアガベは血糖値上昇指数が低いということで注目を浴びてきた甘味料です。 そのために糖尿病予備軍にとっては朗報ともてはやされる天然甘味料の一つとなっており、現に米国糖尿病協会のサイトでアガベ(agave)を検索すると、糖尿患者のためのレシピー集には調味料や薬味、ベーキングの必需品の中のトップにブルーアガベシロップが掲示されています。

成長続くブルーアガベの世界市場

4月 13th, 2017|Categories: その他, ブルーアガベ入門|

メキシコ政府でさえも農水産物輸出には相当力を入れているようですが、ブルーアガベ・シロップを注目し始めたのはこの10年にも満たない状況ですが、最近では数多く出てきている各種の甘味料の中でもブルーアガベ・シロップの輸出は急成長を見せていることはあまり知られていないようです。

FOODEX JAPAN 2017

3月 13th, 2017|Categories: 展示会|

今年はアガベシロップが一般的な甘味料として利用されている方が多くなっていることを改めて実感しました。 同じアガベシロップでも味の違いに驚かれた方もおり、これからは質の違いにこだわって選択するようになっていくものと思われます。

鉄平ココナッツシロップ

10月 12th, 2016|Categories: ココナッツ入門|

鉄平ココナッツシロップを作るには、まず高い木に咲かせる成熟したココヤシの花を見つけるところから始まります。... 花を束にして先端を切り落とし、染み出てくる蜜を竹筒で一日2回収集します。 そして蜜を収集したら発酵を避けるためにできるだけ早く水分を蒸発させて濃縮シロップを作ります。

高電解質

5月 24th, 2016|Categories: ココナッツ入門|

鉄平ココナッツシロップの豊富なミネラルは白砂糖に比べてマグネシウムが29倍、ナトリウムが45倍、塩素が47倍、カリウムについてはなんと412倍

ミネラル分吸収を促進する研究進む、優れたブルーアガベのフルクタン

5月 11th, 2016|Categories: ブルーアガベ入門|

ブルーアガベ(ウェバーテキラーナ)は、伝統的なメキシコの飲み物であるテキーラ酒の原料であるだけではなく、骨の健康に不可欠なミネラル分であるカルシウムやマグネシウムの吸収を促進する成分があることが研究により実証され始めています。

アガベ商品の選択肢が広まっていく

4月 20th, 2016|Categories: ブルーアガベ入門|

アガベシロップだけでなく、その他のパイナップルシロップや芋シロップ、あるいはより一般化しているココナツシロップなどを含めると甘味の世界は広がりそうな予感がします。